建設業許可に必要な500万円がない?残高証明や見せ金について解説

建設業許可の要件の一つであり、財産的要件である500万円の自己資本や資金調達能力についてはどのような方法で証明するのでしょうか? 証明方法や資金調達の方法、特定建設業における相違点について確認します。 建設業許可に必要な…

続きを読む

建設業許可は500万円未満の工事には不要

建設業法の第3条第1項において、建設業を営もうとする者はその営業所の設置形態に応じて国土交通大臣または都道府県知事の許可を受ける必要があることが定められています。 また同条第1項但書により、政令で定める軽微な建設工事のみ…

続きを読む

個人事業主が建設業許可を取得する方法!費用や必要書類は?

個人事業主に該当し、これまで従業員なども雇わずに家族経営で仕事を進めてきた方が建設業許可を取得する必要が生じた場合、どのような方法で取得すればよいのでしょうか? 例えば、次のような場合において個人事業主であっても建設業許…

続きを読む

一般建設業許可と特定建設業許可の違いとは?

建設業とは、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。建設業を営もうとする者は、「軽微な建設工事」のみを請け負って営業する者以外は、建設業の許可を受けなければなりません。 建設業の許可とは下請契約の規模により「一般建設業」…

続きを読む

建設業許可とは?種類別の取得要件と申請方法

建設業許可は、建設工事を請け負う際に必要な許可です。厳格な要件を満たすことで、建設業を営むことができます。 一方で、建設業許可を要することなく、営業ができる場合もあります。今回は、建設業許可の種類や複雑な申請の流れについ…

続きを読む

建設業の業種追加について解説!費用や必要書類は?

すでに取得した建設業の許可に加えて、新たな業種で事業を行いたいときに「業種追加」の手続きが必要となります。今回は、建設業の業種追加について解説します。 建設業の業種追加 建設業許可は29業種それぞれで許可が必要になります…

続きを読む

機械器具設置工事業とは?建設業許可の要件について解説

建設業の許可を取得する際には、29種の工事の種類ごとに取得する必要がありますが、その一つである「機械器具設置工事業」とは具体的にどのような種類の工事が該当するのでしょうか? 今回は、機械器具設置工事業について解説していき…

続きを読む

経営事項審査における技術職員と資格について

経営事項審査は、経営規模、技術力、社会性、経営状況を総合的に判断し、その結果が点数となるいわば会社の通知表のようなものです。 今回はその中でも25%を占める技術職員数及び元請完成工事高の中の「技術職員」についてお話したい…

続きを読む

建築一式工事と専門工事の違いとは?

建設業許可には2つの一式工事と27の専門工事の計29業種があります。 その中でもよくあるのが、「建築一式工事」の許可を取りたいというものです。この業種を取りたい理由を伺うと以下のような回答をしばしば聞きます。 「建築一式…

続きを読む

電気工事業における建設業許可

建設業許可が求められない500万円未満の工事であっても、登録が必要な業種があります。建設業許可の取得と電気工事業の登録について見ていきましょう。 電気工事業の登録は500万円以下でも必要な手続き 一般的に、500万円未満…

続きを読む

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る