建設業の29業種の種類を理解しよう

建設業の種類は29業種!

建設業と一言で言っても、建設工事の内容によって、29業種あります。

どの建設業許可を受けるのが一番良いのかしっかり確認をしましょう。
ここで許可を受ける業種を間違うと、せっかく許可を取っても無許可のままと同じことになります。
十分注意が必要です。

建設業許可 業種一覧(国土交通省HPより引用)

たまに「建築一式」を持っていれば、どの工事でも請負うことができると認識されることがありますが、そうではありません。
建設業許可は、土木一式と建築一式の2つの「一式工事」と27種の「専門工事」分かれています。
一式工事は専門工事とは違い、「総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物や建築物を建設する工事で、複数の「専門工事」を組み合わせて工事を行います。
一式工事の許可を持っていても、専門工事の許可がなければその専門工事を請負うことができません。
詳しくは、「一式工事と専門工事について」でお話します。

建設業の29業種についてよくあるお問い合わせ

最近多くなっているのが、リノベーションやリフォーム工事を請け負うことが多いけど、どの業種が該当するのかというお問い合わせです。
大規模な増改築で元請業者として工事を統括する立場であれば「建築一式」になりますが、屋内の内装リフォーム等がメインということであれば「内装工事業」が該当するでしょう。

建設業の29業種についてまとめ

業種については簡単に判断しない方がいい場合がありますので、迷う時は必ず専門家の判断を仰ぐことをおすすめします。

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る