建設業許可後にしなくてはいけないこと【専任の技術者の交代編】

建設業許可を取ったあとにすべきこととは 建設業許可を取ったらそれで終わる訳ではありません。 必要な手続き 決算が終わったら決算報告や5年毎の更新手続き等があります。 専任の技術者についての扱い 専任の技術者が交代する時も…

続きを読む

建設業許可がなくても必要な登録【解体工事業】

建設業許可がなく、500万円未満の工事であっても、登録が必要な業種があります。 解体工事業の登録とは? 通常、建設業許可が必要となるのは専門工事で500万円未満の工事を請負う場合ですが、解体工事に関しては500万円未満で…

続きを読む

建設業許可がなくても必要な登録【電気工事業】

建設業許可がなく、500万円未満の工事であっても、登録が必要な業種があります。 電気工事業の登録とは? 電気工事業を営むためには、「電気工事業の業務の適正化に関する法律」に基づき電気工事業者の登録等の手続きを行わなければ…

続きを読む

建設業とは?

建設業許可が必要なのはどんな時? 建設業とは、建設工事の完成を請け負うことを言います。 元請、下請は特に問われません。 ※ここでいう「請負」とは、雇用、委任、建売住宅の建築行為とは基本的に異なる考え方をとっていますので注…

続きを読む

経営事項審査 平成30年改正点【建設機械の保有状況の加点方法の見直し編】

経営事項審査の変更点について 先日、国土交通省より経営事項審査における変更点が発表されました。 以下の3つです。 W点のボトム撤廃 防災活動への貢献の状況の加点幅の増大 建設機械の保有状況の加点方法の見直し 3の建設機械…

続きを読む

建設業者の事業目的

建設業と定款 新しく会社を立ち上げる場合や異業種からの参入をする場合、必ず必要になるのは会社の定款の事業目的に「建設業」を営む事が分かるようにしなくてはいけません。 ですが、ただ「建設業」とだけ記載しても建設業許可が取れ…

続きを読む

建設業許可を取りたい!(2)一般か特定か?

建設業の許可は、その業種によって一般建設業と特定建設業の2つに区分され、どちらかの許可を受けなければなりません。(同一業種について一般と特定の両方の許可を受けることは出来ません) 一般建設業とは 建設工事を下請に出さない…

続きを読む

建設業許可を取りたい!(1)知事許可か大臣許可か?

建設業の許可は、都道府県知事または国土交通省交通大臣のいずれかが行います。 この区分は工事の請負金額、業種の別に関わらず、営業所の所在地によってなされます。 知事許可とは? 知事許可とは、1つの都道府県の区域内にのみ営業…

続きを読む

建設業許可 専任の技術者の必要書類(1)有資格者編

専任の技術者の必要書類とは? 専任の技術者について触れましたが、どのような人かご理解頂けましたでしょうか? ここでは、資格を持っている専任の技術者がどのような証明資料を用意すべきかをお話したいと思います。 現在の常勤を確…

続きを読む

経営事項審査 平成30年改正点【防災活動への貢献状況の加点幅の拡大】

経営事項審査の改正点とは? 先日、国土交通省より経営事項審査における改正点が発表されました。 それは以下の3つです。 W点のボトム撤廃 防災活動への貢献の状況の加点幅の増大 建設機械の保有状況の加点方法の見直し 防災活動…

続きを読む

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る