建設業許可 専任の技術者の資格【登録基幹技能者講習終了者編】

登録基幹技能者講習修了者が主任技術者になれる!

登録基幹技能者とは?

登録基幹技能者は、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で、 専門工事業団体の資格認定を受けた者です。 現場では、いわゆる上級職長などとして、元請の計画・管理業務に参画し、補佐することが期待されています。

一般財団法人建設業建設業振興基金HPより引用

登録基幹技能者講習を受講するにはいくつかの要件があります。

  1. 基幹的な役割を担う職種で10年以上の実務経験
  2. 3年以上の職長経験
  3. 実施機関が定める資格(最上級の技能者資格等)の保有

以上3つの要件を満たしている人が受講することができます。

建設業許可で、専任の技術者や主任技術者になる為の実務経験は10年以上(資格や指定学科卒業ではない場合)となっているため、登録基幹技能者講習を受ける方が難しいですね。
とはいえ、経営事項審査では加点対象になりますし、元請企業では別途手当を支給するなどの取り組みがなされています。

では、新たに建設業許可で認められる種類を見てみましょう。

登録基幹技能者講習と主任技術者として認められる建設業の種類

登録基幹技能者リスト 国土交通大臣HPより引用

ご注意頂きたいのは、例えば複数業種に対応している講習であっても、複数の建設業許可が取れる訳ではないということです。

また、東京都では講習修了証に「実務経験を有する建設業の種類について建設業法第26条第1項に定める主任技術者の要件を満たすと認められます。」と記載されているもので確認を取るそうです。
「登録基幹技能者の主任技術者要件への認定について」のお知らせ東京都で講習修了証にこの記載がない場合には、別途実務経験の証明や国家資格の証明が必要になります。

国家資格があれば、資格者証や合格証明書等の提示で問題ありませんが、実務経験の証明となりますと従来の方法での証明になります。
従来の方法については、こちらをご確認下さい。

専任の技術者の必要書類【実務経験者・東京都編】

専任の技術者の必要書類【実務経験者・神奈川・千葉・埼玉編】

主任技術者と専任の技術者について

建設業許可を取得するために必要なのは専任の技術者ですが、専任の技術者は営業所に常駐していなくてはいけません。
現場に出ることは原則禁止ということです。
例外として、常駐している営業所から近接した距離にある現場であれば行っても良いとはされています。
東京都ではおよそ10kmくらいの範囲としているようです。
現場に出ることができるのは、専任の技術者以外の技術者ということになります。

尚、主任技術者と専任の技術者の要件は同じです。
ということで、登録基幹技能者講習修了者が主任技術者になれる=専任の技術者になれるということですね。

厚生労働省では登録基幹技能者の処遇向上支援助成金もありますので、今後増えて行きそうですね!

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る