建設業許可業者の社会保険未加入は認めない?

建設業許可業者の社会保険未加入に関する発表とは?

先日、社会保険(雇用・健康・厚生年金)の未加入企業の建設業許可・更新を認めないよう建設業法の改正を検討するとの発表がありました。

国交省は適正に保険料を負担する企業による公正・健全な競争環境の構築と技能者の処遇改善による担い手確保に向け、建設業許可業者から未加入企業を排除する方針。
建設業法を改正し、許可・更新を認めない仕組みを検討する。
(日刊建設工業新聞より引用)

現在の建設業許可業者の社会保険の加入率は2012年からスタートした対策のお陰で、推定91.5%となっており100%まであとちょっと!というところまできました。
これまでの取り組みの結果、社会保険に加入していないと現場に入れて貰えない・工事を請け負うことができないという事が増えてきました。

未加入企業を排除するという強い姿勢

そして、2018年・2019年の2年で地域での優良な取り組み事例の共有・加入対策の更なる合理化・適正化・未加入企業への対策強化など、今後も加入を徹底・定着させる取り組みを続けていくようです。
記事にもあるように、『未加入企業を排除する』とまで言っているので、近い将来には社会保険未加入業者は建設業許可の新規取得も更新もできなくなりそうですね。

まだ未加入という方は、事業所や就労の形態により加入する保険が異なります。下の表で、ご自身がどこに当てはまるのか確認してみましょう。


(http://www.mlit.go.jp/common/001199315.jpg 国土交通省HPから引用)

現時点で加入義務がない、従業員4人以下の個人事業所や一人親方など対応策についても対策を検討するようですので、今後の動きに要注意です。

また、経営事項審査でも、社会保険未加入業者は前年度までは加点なしという対応でしたが、今年度から未加入業者は最大でマイナス120点になってしまうことが決定しています。

まだ法案が可決されていませんが、建設業を営む以上未加入ではいられなくなるということだけは確かです、
お早めの加入をおすすめします!

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る