意外と難しい機械器具設置工事業

建設業許可業種の中に、「機械器具設置工事業」というのがあります。 この業種がなかなか複雑で、単純に機械を設置する工事全てが該当する訳ではないのです。 機械器具設置工事とは? どのような工事が該当するかといいますと、 プラ…

続きを読む

建設業許可の申請手数料

建設業許可の申請手数料 建設業許可の申請手数料を以下にまとめました。 1 新規申請 大臣許可 一般・特定のどちらかを申請 15万円 一般+特定の両方を申請 30万円 知事許可 一般・特定のどちらかを申請 9万円 一般+特…

続きを読む

建設業許可 建築一式工事と専門工事は何が違う?

建設業許可でよくあるご要望 建設業許可には2つの一式工事と27の専門工事の計29業種があります。 その中でもよくあるのが、「建築一式工事」の許可を取りたいというものです。この業種を取りたい理由を伺うと以下のような回答をし…

続きを読む

建設業の一括下請負の禁止

建設業では「一括下請負禁止」という規定が建設業法で定められています。 一括下請負禁止=工事の丸投げ禁止 ということです。 なぜ禁止されているのでしょうか? 一括下請負禁止の理由 発注者は元請業者を信頼して工事の発注を行っ…

続きを読む

建設業とは?

建設業許可が必要なのはどんな時? 建設業とは、建設工事の完成を請け負うことを言います。 元請、下請は特に問われません。 ※ここでいう「請負」とは、雇用、委任、建売住宅の建築行為とは基本的に異なる考え方をとっていますので注…

続きを読む

建設業許可を取りたい!(2)一般か特定か?

建設業の許可は、その業種によって一般建設業と特定建設業の2つに区分され、どちらかの許可を受けなければなりません。(同一業種について一般と特定の両方の許可を受けることは出来ません) 一般建設業とは 建設工事を下請に出さない…

続きを読む

建設業許可を取りたい!(1)知事許可か大臣許可か?

建設業の許可は、都道府県知事または国土交通省交通大臣のいずれかが行います。 この区分は工事の請負金額、業種の別に関わらず、営業所の所在地によってなされます。 知事許可とは? 知事許可とは、1つの都道府県の区域内にのみ営業…

続きを読む

建設業の29業種の種類を理解しよう

建設業の種類は29業種! 建設業と一言で言っても、建設工事の内容によって、29業種あります。 どの建設業許可を受けるのが一番良いのかしっかり確認をしましょう。 ここで許可を受ける業種を間違うと、せっかく許可を取っても無許…

続きを読む

建設業許可申請の大まかな流れとは?

建設業許可申請の大まかな流れ 建設業許可がおりるまでの大まかな流れを、まず頭に入れておきましょう。 1:許可要件に該当する→特に人的要件が該当しているかどうか、しっかり確認しましょう。要件についてはこちらをご確認下さい。…

続きを読む

建設業許可 経営管理責任者・経管の証明資料(東京)

建設業許可を取得するには5つの条件が必要ということでお話しましたが、ここでは経営業務の管理責任者の証明資料【東京都の場合】について触れたいと思います。 まず、どのような資料を用意したら良いのでしょうか? 東京都の手引きに…

続きを読む

ご相談はお電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

ページトップへ戻る